テレワークを強化しております。お電話がつながりにくい場合は、メールやFAXでのお問い合わせにご協力をお願いいたします。
銘板・館銘板の製造販売 > メタルフォト銘板

メタルフォト銘板

メタルフォト銘板は屋外暴露で25年以上の耐候性があり、耐熱・耐蝕・耐薬品・耐摩耗性に優れたアルミ銘板です。黒色表現に特化していて、通常のアルマイト印刷より退色しづらく、解像度が高いのも特徴です。※生産中止となった富士フィルム社製のアルフォト同等品として採用されています。

メタルフォトの特徴

メタルフォトの特徴

板面部分はアルミニウム表面を陽極酸化し、そこにできた無数のポアー(小孔)上に感光性銀乳剤が塗布されています。写真と同様の工程の現像・定着後、調色処理することで耐候性を高めます。
さらに、最終工程として 封孔処理を施し、 表面上に堅牢で透明な酸化アルミの水和物が形成され耐熱や耐摩耗に優れた製品が完成します。

●メタルフォトはJAMP管理対象物質Ver.3の化学物質不含に対応しています。(RoHS、ELV、REACH SVHC)
●メタルフォトは工業用規格に適合しています。
●メタルフォトはMILスペックに適合しています。

メタルフォトの種類と品番一覧

メタルフォトは表面仕上げの異なる【サテン】、【マット】、曲面に取り付けできる【D&Sデッドアンドソフト】の3種類です。※デッドアンドソフトの表面の仕上はサテンと同じ仕上になります。
板厚は【サテン】0.2mm/0.5mm/0.8mm【マット】0.5mm/0.8mm、【デッドアンドソフト】0.3mmです。
角R加工(R2~)や穴あけ加工、裏面両面テープ貼りなどもでき1枚から製作可能です。
製作枚数や加工方法によって価格が変わりますので詳細をお知らせください。

メタルフォトの種類
素材仕 上厚(mm)品 番
メタルフォトサテン0.2MS020
0.5MS050
0.8MS080
マット0.5MM050
0.8MM080
Dead & Soft0.3MD030

メタルフォト製作工程

メタルフォトは写真のようにフィルムを密着させ露光します。感光していない部分に黒で着色されます。

メタルフォトの製作工程

メタルフォト銘板使用例

メタルフォト使用例1
メタルフォトし用例2

メタルフォトし用例3
メタルフォト使用例4

 

メタルフォト銘板カタログ請求

  • メタルフォト銘板カタログ
  • メタルフォトカタログ
  • 請求ボタン

 

銘板を用途から選ぶ

メタルフォト銘板の新着製作例

ご注文の流れと納期について

お見積りご確認後、正式にご発注をいただいてからレイアウト原稿の作成となります。
原稿承認とお支払の確認後、7営業日(土日祝日 含まず)の発送となります。
*ご注文時期や製作枚数によって変動します。

ご注文の流れ ①弊社よりレイアウト原稿をご提出致します。(要1~3営業日) ②原稿の修正ご希望があればお申し付け下さい。(5回まで無料です)③原稿のご承認とお支払いの確認後、製作開始となります。(要7営業日)※営業日…土日祝日を除く平日

お問い合わせ・見積もり依頼

                                              
    ご担当者名 必須
    ご担当者名(かな)
    貴社名
    部署名
    ご住所 -

    電話番号(半角) 必須
    FAX番号
    メールアドレス必須
    メールアドレス再入力 必須
    サイズ 必須幅:mm / 高さ:mm
    仕上げ/板厚 必須
    角R加工 必須
    穴あけ加工 必須
    裏面加工 必須
    その他ご要望 必須

    表示内容などできるだけ詳しくお知らせいただけますとお見積もりがスムーズにお出しできます。

    添付ファイル1

    参考資料等がございましたら添付してください(最大5メガバイト/1ファイル)

    添付ファイル2

    添付ファイル3

    ※ファイルを添付できない場合はtokyo-meiban@fujitanet.co.jp宛にメール添付にてお送りください